難聴 程度

Image Replacement

難聴の程度にはレベルがあります!

難聴には程度(レベル)があります。通常、難聴の程度として軽度難聴から中度難聴、そして重度難聴へと判断されるのですが、このサイトでは難聴の程度とその回復方法を中心にポイントを掲載させていただいております。まずは耳の聞こえに不安を感じるようでしたら初歩的な知識になりますがご覧になられてみてはいかがでしょうか。きっと難聴の回復方法がみつかると思います。

耳鼻科医も知らない聴力の回復方法

nancyo2010.jpg

耳鼻科医も知らない聴力の回復方法

耳鳴りや難聴など聴力に悪影響をあたえる障害がいくつかあります。原因もさまざまですが、聴力が衰えると一番悪影響をあたえることはライフスタイルが大きく変化してしまうことです。

今まで聞こえていた音が聞こえなくなる。
これはとても大きな変化です。

聴力の低下はライフスタイルに不便さを感じるばかりか、人生をも狂わせてしまうこともありますので、少しでも早く聴力を回復させておくことは大切なことです。

普通、聴力が低下すると耳鼻科医の診断を受けると思います。そこで適切な治療ができて、聴力が回復する方法に巡りあえた場合はとても恵まれていると思います。

ただ有効な治療ができずに、聴力が低下しているからといって補聴器をすすめられる場合があります。確かに補聴器を使えば聞こえが良くなることもあります。

でもひとつ10万円もするような高価な補聴器を購入したにもかかわらず聴力が回復しないこともあります。特に感音性難聴と呼ばれる難聴では補聴器で音を増幅しても聞き取り辛いことがあるので、補聴器を使えば難聴は全て回復できるものではありません。


聴力を回復させる方法には耳鼻科で治療をする他にもあります。

それは、これまでに聴力を回復することに成功した方達の「成功法」を試してみることも有効と考えます。なぜなら聴力を回復することに成功した方は、その回復ノウハウを誰よりも実体験して知っているからです。

私たちは体に不具合が起きると医師の治療を優先しがちですが、一般的に普及している西洋的医学でも解明できないことは多くあります。当然、耳鼻科医の先生にも知らないことがあるのです。

もしあなたが耳鼻科で補聴器をすすめられている状況だとしたら、もうひとつの選択として「聴力回復の成功法」なども参考にしてみられてはいかがでしょうか。

耳鼻科で治療しながら、自宅でも聴力に効果のあるトレーニングができます。


難聴を自宅で回復させたトレーニング方法